自然との触れ合いをサポートさせて頂いております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城山 ~鍋割山~

今年は三月になっても雪がぱらついたり吹雪いたり、安定しない天気の群馬県。
赤城山も同様で黒檜山を目指したけれど駐車場は横殴りの猛吹雪、それでも七峰のうちどれかは登れるだろうと少し標高をおとして姫百合平から荒山を目指す、しかしこの日は少し違った。
駐車場から荒山高原に登り上げると、目指す荒山山頂は積雲の中。
それならばと南側の鍋割山を見ると青空の中、気持ちは決まって鍋割山登山となりました。
南向きの登山道はかなりの勢いで融雪が進んでいるけれど、所々はまだまだシッカリと雪が残っています。
この日は黒檜山からの転戦者も多かったようで山頂も振るわってました。

n4.jpg

n1.jpg

n5.jpg

n2.jpg






スポンサーサイト

赤城山 ~地蔵岳~

日本百名山の赤城山、実は七つの峰から出来ています。
最高峰はご存知の通り、黒檜山です。
よく黒檜山と合わせて登られる駒ケ岳、多数のアンテナが立ち並んでいる地蔵岳、小沼の脇の長七郎に白樺平からの鈴ヶ岳、赤城道路途中の荒山と鍋割山で七峰です。
今回はそのうちの一つ地蔵岳。標高差はあまりありませんが登山口によって少し変わってきます。
登り上げるとチョット異次元の宇宙空間のような感じです。
対面にそびえ立つ最高峰の黒檜山や駒ケ岳が綺麗に見えて素敵です。

赤4

赤1

赤2

赤5

赤3

福寿草の楽園

この所のハッキリしない天気の中、晴れ間を付いて福寿草の楽園に行ってきました。

まさに山あり谷あり、行きついた楽園はかなり満開状態でした。
こんな山の中にひっそり?と楽園があるのは素敵ですね!

大ドッケp1

大ドッケp3

大ドッケp3


募集でもお知らせしたように、楽園までの道のりは中々ハードです。
必ず行く度に心配なパーティーがおります。
シッカリと下準備をして体力に見合った山行をしてくださいね!

氷筍はこれからが見頃!



群馬県みなかみ町の大幽洞窟、冬にしか見られない氷筍(ひょうじゅん)を見に行ってきました。
予定では谷川岳の一ノ倉沢へのスノートレッキングでしたが、当日の天候はこの時期にしては珍しく久々の雨、一ノ倉の岩壁もガスの中では雪山ハイクも不完全燃焼なので急遽予定を変更、氷筍の見れる大幽洞窟へスノートレッキングとなりました。
神秘的な大幽洞窟の氷筍は丁度良いサイズまで発達していて見ごろを迎えています。
道中はいい感じに雪も積もっていて楽しい雪遊びをしながら大人も童心に帰れます。
冬の寒い時期は冬眠してしまうそこのあなた!今しか見られない氷筍を見て童心に帰ってみませんか?
のんびりスノーシューで約4時間位の雪山ハイクです。
IMG_8336_convert_20170131203324.jpg
IMG_8343_convert_20170131203419.jpg
IMG_8346_convert_20170131203536.jpg
IMG_8353_convert_20170131203611.jpg
IMG_8355_convert_20170131203643.jpg

ぐんま百名山 天狗山

先日は快晴の中、甘楽町にある天狗山へ足を運んできました。
天狗山は標高666.8mの小さな山ですが信仰のある山で山頂直下にはお天狗さまの白倉神社があります。
最近はアクセスの楽な轟登山口からピークハントをする方が多いようですが、お天狗様にならい古くからの参道のある登山口から幾つものしめ縄が祀られている子滝を見ながらの登山でした。
山頂へは白倉神社を経由して小一時間で到着、山頂手前の植林地からは白くなった浅間山や切り立った妙義山の展望が良く、澄み切った青い空と西上州の山々に心洗われる思いでした。
天狗山1
天狗山3
天狗山2

天狗山は登って降りても2時間あれば済んでしまうので、この日は次の目的地、連石山へ。
同じ甘楽町で、これからの観光名所として遊歩道を整備中の里山です。
ここは今話題の富岡製紙工場の基礎石を切り出した石切場跡が残る山で、その他にも入口となる長厳寺には40体もの観音像が点在し、目玉となるのは巨大な磨崖仏。甘楽町は磨崖仏が点在することでも有名ですが、この長厳寺の磨崖仏は日本最大と言われています。
天狗山7
天狗山6
天狗山8

だまだ続く甘楽町の散策、最後は今話題沸騰中の真田丸で有名な織田家に由来のある国指定名勝楽山園へ。
この楽山園は江戸時代に織田家によって造られた小幡藩邸の庭園です。群馬県内に唯一存在する貴重な庭園です。
天狗山10
天狗山11

肌寒くなったこの季節、遠くまで行かずに溢れ日の中で、近場の名所巡りも良いかもしれませんね。
プロフィール

マウンテンガイドくまさん

Author:マウンテンガイドくまさん
MountainGuideくまさんのサイトへようこそ!
マウンテンガイドくまさんは登山のジャンルを問わず、皆さんが安全で楽しく山登りが出来るようサポートさせて頂きます。
安全で楽しいと思えてこそ、素晴らしい山との出会いがあると思います。
苦しい登山、辛い登山とはサヨナラして、登って良かったと思える楽しい登山をして行きましょう。
マウンテンガイドくまさんでは皆さんが楽しんで頂ける登山を提案して行きます。
新緑の季節の楽しみ山菜取りや秋のキノコ狩り、今は忘れ去られてしまった古道の散策、雪山での自然との触れ合い雪洞泊、勿論一人ではチョットと言うロング縦走から里山の日帰り登山まであらゆるジャンルでサポートさせて頂きます。
また百名山や二百名山などのサポートから都道府県別の百名山などもサポートさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

《マウンテンガイドくまさん》
(公社)日本山岳ガイド協会所属 登山ガイドです。
群馬県、埼玉県を中心に北アルプスから南アルプス、日本全国津々浦々をご案内させて頂きます。
山の事、道具の事、疑問に思っていることなどはお気軽に下記またはメールフォームよりお声かけください。
boukenguy@gmail.com

アルバム
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。