自然との触れ合いをサポートさせて頂いております

迎春

明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します m(__)m

温かい暖冬の中、新年を迎えました。
皆様が今年も安全に楽しく山行が出来るよう全力でサポートさせて頂きますので宜しくお願い致します。

IMG_2871_convert_20170104105309.jpg

2016年

お世話になった皆さま、影ながら支えてくれた皆さま、色々な出会いで沢山の方にお力添えを頂き、この一年安全に山行を終える事が出来ました。
来年も初心を忘れずに安全登山を行なって行こうと思います。
今年ご一緒出来なかった方も来年何処でお会い出来ることを願っています。

1年間ありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。

読図の必要性

以前にお客様から読図の必要性に関して問われた事があった。
ネットだか知り合いの方に読図は出来なくても大丈夫と言われたらしい、、、、、。

基本的にツアーやガイド登山の場合はルート自体はガイド任せになる。それがツアーやガイド登山であって仕事だからだ。
お客様の中には事前にどんな所か調べてくる方もいて感心させられる思いの時も有る。
どんな山にどんなルートで行くのか知らないより知っていた方が良い。
私が企画するガイド登山でも事前にお客様にコース概略などの資料を送らせて頂いて、当日地形図などのコピーをお渡しする。
お客さまにどんな山にどんなルートで行くのか、どんな行程なのかを知って頂いてより楽しんで頂ければと言う思いと、なるべく不安要素を払しょくして頂ければと思うからです。
本題に戻って読図の必要性、まぁ字の如く地図を読む技術ですが皆さんは読図と言う事をどうとらえられているのでしょうか?
実際に山行に行って道に迷いそうになった時、実際に迷ってしまった時、昼食を食べた後の行程を見る時など地図を見る機会は色々あると思いますが地図を読むと言うのは如何でしょうか?
私自身がまず必要性に迫られるのは登山計画を立ち上げる時です。
ガイドという仕事柄、お客様に安全に登山を提供して行かなければなりません。
登山計画を立てる時にまずやる事はコースタイムを考えるのは当然としてどのような山なのか地形図で判断します。そしてそれに合わせてどのようなリスクを持ち合わせている山なのかを判断して行くからです。
勿論ネットの情報も使いますが地形図によってここは上りがキツそうだ、ここは尾根が分かれているから注意しなければいけない、ここの登山道は早く暗くなりそうだなどなど地形図から読み取れる事は沢山あります。
一般に山に登られる大半の方は昭文社の山と高原地図を活用する方が多いと思います。実際に山に行くと多くの方がこの地図を片手に持っていたりします。確かにコースタイムなどを知るにはたけていますが、コースタイムが自分自身にあったモノなのか、はたまたそのコースタイムがどの基準(基準は有りますが荷物や天候などで左右されます)で歩けているのか、実際に歩いた時にはこのコースタイム当てにならないなど違和感を感じた事はありませんか?
多くの情報が書かれ、それを充てに出来るのはその地図が販売された時だけではないでしょうか?
ですがこの山と高原地図が悪いと言っているわけではありません。色々な事が初心者でも分かり易く書かれているので参考にするには良いと思います。私自身も参考資料として使います。
ですが今のご時世、集中豪雨だの何だのと日々登山道も変わってきています。実際に歩いている時にそのルートが無くなっていたら?崩れていたら?その時に地形図を見てどう自分で判断できるか?そうした時の判断技術の一つが読図技術ではないでしょうか?それには自分で歩くルートを有る程度事前に知っておくことは当然ですが、ただ地図を見るだけでなく、地形図に書かれた情報を出来るだけ多く読み取ってそれを実際の登山に生かす、要はリスクマネージメントの一つではないのかと思うのが私の見解です。人間注意していても事故が生きる時には起こります。ですが注意する事によって山での危険をゼロには出来なくてもゼロに近づける事は出来ると思います。
リスクマネージメントが出来てこそ、自立した登山者への第一歩ではないでしょうか?
私が企画いたします読図講習会ではコンパスの使い方はこうで、地形図はこうしてと言っただけではなく、そういったリスクに対しても合わせて読図講習させていただきます。
読図は必要ない?と問われた方にはそうしたお話をさせて頂いて講習会に参加頂きました。
プロフィール

マウンテンガイドくまさん

Author:マウンテンガイドくまさん
MountainGuideくまさんのサイトへようこそ!
マウンテンガイドくまさんは登山のジャンルを問わず、皆さんが安全で楽しく山登りが出来るようサポートさせて頂きます。
安全で楽しいと思えてこそ、素晴らしい山との出会いがあると思います。
苦しい登山、辛い登山とはサヨナラして、登って良かったと思える楽しい登山をして行きましょう。
マウンテンガイドくまさんでは皆さんが楽しんで頂ける登山を提案して行きます。
新緑の季節の楽しみ山菜取りや秋のキノコ狩り、今は忘れ去られてしまった古道の散策、雪山での自然との触れ合い雪洞泊、勿論一人ではチョットと言うロング縦走から里山の日帰り登山まであらゆるジャンルでサポートさせて頂きます。
また百名山や二百名山などのサポートから都道府県別の百名山などもサポートさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

《マウンテンガイドくまさん》
(公社)日本山岳ガイド協会所属 登山ガイドです。
群馬県、埼玉県を中心に北アルプスから南アルプス、日本全国津々浦々をご案内させて頂きます。
山の事、道具の事、疑問に思っていることなどはお気軽に下記またはメールフォームよりお声かけください。
boukenguy@gmail.com

アルバム
検索フォーム